a sea  a land *

海の側の小さな町で大好きな、お花と。。。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

大津波でも流されない自然の木 

大津波被害前の写真です。
アナベルやエゴの木は残りましたが
ウッドフェンスや鉄筋を配した立水洗もなぎ倒されました。
又、一から作り直します!
エゴの木は元気がないし、周りは油が染み付いているので
残念だけど、処分する事にしました。
アナベル お庭完了 板塀


美しかった菖蒲田浜、毎年行われていた浜マラソン。
菖蒲田浜 ビーチ hama


これからの町作りは安心できる町にしていかなければなりません。
これだけの破壊力。
自然に逆らって作る町ではなくて、
地形や地質を考え、水の流れを計算して
大地に上手に水を染込ませる環境も必要だと思います。
アスファルトだらけでは水の行き場もなくなるように思います。
宮城の近年の沿岸沿いは開発のラッシュでした。
大きなショッピングセンターができ
お店もどんどん進出してきてました。
私たちは便利で楽しい生活を手に入れますが、
緑豊な大地がコンクリートで埋め尽くされて
いく環境に疑問や少しだけ悲しい思いをしていました。

今回菖蒲田浜を歩いて、思いましたが
浜沿いの松の木はしっかり残ってます。
30センチ周径の木は安定。
それ以下は斜めになったり
倒れていましたが、
ほとんど残っていました。
人間が作る頑丈な構造物が次々と波に流されている中、
根っこを四方八方に張り巡らせた木の存在を
改めて感じずにはいられません。

自然と共生しながら安心できる美しい宮城。
美しい七ヶ浜の町。。。になってくれれば良いなと思います。
自然のパワー 家の下の道路 


海抜上昇?地盤沈下? 地盤崩れ 1メートル沈下
↑センターラインから半分の道路が沈没して中が空洞になってます。




スポンサーサイト

M9巨大地震、大津波***復活ガーデンへの道のり 

2011/3/11  14:46  M9.0 東北関東太平洋沖地震(世界4番目の震度)

当日の朝、たまたま80代の女性から過去のチリ地震津波の話を聞かされました。
必ず又やってくるから心の準備しておきなさいと。。。
昔の人の教訓でおむすび握ってそれを持って逃げろ、と。。。

そんな事を心の片隅におきながら、自宅に居たとき地震は起こりました。
少しの揺れでもすぐに屋外に出てしまう私。
道路の真ん中で家々がミシミシと揺れ、
地割れの線が道路に出てくるのを確認しながら
アタフタ、アタフタしていました。
少し揺れが収まった時、家の中に入ると室内は食器類が戸棚から落ち、
ふすまは外れ、額も落ち。。。
今まで7年間どんな地震でも物が落ちる事がなく地震に強い家だと、
自負してましたが、
今回は尋常ではないな!とドキドキでした。

地震発生10分後には小学校へ子供の安否を確認しに行きました。
近所の子供、我が子を車に乗せ
自宅へ無事到着。(5分)
津波警報が鳴り、近所の方の情報で気仙沼で10メートル?の注意報?(すでに到着?)
という情報を聞き、この場から離れなければ!と感じました。
子供には厚めの防寒着を着て長靴をはくよう指示。
車のトランクに毛布、、楽天の雨ガッパ、通帳、保険証、リュック、を入れ
今朝聞いた古人の知恵を思い出し、お釜のご飯を残らずおむすびにして、
沿岸から遠く遠く高台へ逃げました。(15分)

津波が来た頃は雪が降り始め肉眼では沿岸沿いの様子は
ボンヤリにしか見えませんでした。
初日は中学校に避難生活だったので、
おむすびは本当に重宝しました。
翌日自宅へ戻ったら美しい七ヶ浜がどこにもなく
あたり一面、泥と家々や車の残骸。
この先、日本はどうなるんだろう?
という不安でいっぱいでした。
地震発生後16日、少しずつ残骸撤去しはじめては
いるものの、まだまだ以前の街とは程遠いです。

寒いのは辛いですが、暖かいと福島からの南風が不安です。
でも、もっともっと大変な想いをされてる方はまだまだ沢山です。
粘り強い精神力で前進してほしいと思います。


↓電信柱も津波で横倒し・・・。
瓦礫に押し倒されていたジューンベリー。
自分で瓦礫撤去して、張り紙をして置きました。
『木はまだ生きてます。電信柱撤去する時は上手に撤去をお願いいたします。』
願いを聞いてくれたオジサン、ありがとう!!
電信柱 除去作業
電信柱撤去作業 電信柱穴

↓まだ、電信柱や白いフェンスがあった頃。一昨年のジューンベリーの花
空色ボッグセージ エキナセア 
アガパンサスの蕾 ジューンベリー


地球と友(共)に。。。 from  『 a sea a land * 』 

何から話していいのか分りませんが、

長男 ・・・ 海

次男 ・・・ 陸

otto & me


元気に過しております。

大好きな海や豊かな緑の環境に引越して、

今年で7年になります。

コツコツ作った

花壇、アプローチ、種まき、球根、バラにクレマ、木たち

1メートル50センチも浸水したのに

生き残ってくれた愛着ある精霊に感謝です。

亡くなった全ての命に今までありがとう。

又、戻ってくるよね。





大津波 3.11巨大地震 
(左)お庭から見た菖蒲田浜海水浴場
(右)庭には色々な物が流れ着いた。白いガーデンアーチもグチャグチャ。

M9巨大地震 3.11巨大地震大津波
(左)コンビナート爆発。消火するまで不安でした。
(右)立水栓も枕木電灯も無残な姿。

津波被害 潮位
(左)雨樋や室外機は津波と漂流物にぶつかり壊れてしまいましたが、
   三井ホームの方が点検に来てくれ構造物は大丈夫との事でした。
(右)かなり水位があがったけど、不思議な事に
   家の中はうっすら湿った程度でした。

これからの課題は基礎と建物の隙間(空気が流れるように隙間があります)
から浸入した床下の水を乾燥させる事です。
ベタ基礎は地震に強いけど、水害にあった時の水抜きがとても困難を要します。
昔ながらの布基礎だと、床下が地面なので水は土に染込んでいきます。
子供と一緒に4センチ程貯まった水をお椀で根気良く
捨てたり、風呂水ポンプを使って水抜きをし、クイックルワイパーで手の届かない所を拭きました。
扇風機を使ってキッチン床下に風を送り乾燥させてます。
後は業者さんにお願いしたいのですが。。。遠方の請負会社に頼まないといけません。
基礎は一番大切だから早い処置をしないと。。。

 


おうちカフェ * atelier poranのまるパン 

まるパンを求めてアトリエポランへ。。。
お客さんが次々といらしたので合間をぬってお店の外へ出ました。
↓小高い道を上っていくとこんな素敵スポットが!!
お花の種を撒けばイングリッシュガーデンが出来そうだなぁ。。。



poran 裏庭 看板 ティ ほうれん草cake
お客さんとお話ししたり、TAROやおやさんとご対面できたり、
またまた長居してしまいました。
この小さな空間はお客さん同士も仲良く気軽に声を掛け合えるようです♪
りすさんのキャラもほんわか~していて
まるパンのよう。。。




home cafe lunch おやつ*
まんまる、まるパンは自然の甘味があって美味しい~
リースの会にもお出しする事になりました!
アトリエポランのまるパンも楽しみにしていて下さいね!
 おうちカフェ  
冷蔵庫の残りものでひとりカフェしました。
※スープは今朝の味噌汁残り。
 新じゃがいもを使ったからいつもより甘く感じました。
※にんにくの芽、蓮根スライス、プチトマトをオリーブオイルと塩こしょうで炒めたもの。
※ベーコン焼いただけ

ほうれん草のケーキもオススメです!
バター使ってないのにすっごくしっとりしていて。。。
それに、ほうれんそうが美味しい!!
香りと甘さと。。。是非お試しあれ~!


豆から 手動ドリップ ほうれん草のケーキ
ポランのコーヒー豆をミルで久しぶりに挽いてみました。。。
つ、疲れる。。。右手、左手、右手、左手。。。
何度持ち替えたことか。。。
そして、電気のコーヒーメーカーは壊れてしまってたので
これまた、手動で。。。
濾し網にペーパーフィルターを使ってみたよ。
美味しいっ!!
コーヒーメーカーって、しばらくすると臭いが気になっていて。。。
カルキの臭い?カビ?ひぇ~~!
おすすめのコーヒーメーカーやドリップする道具をご存じの方は教えてね♪





 * * * リースの会 * * * 


心地よいお部屋を作ってお待ちしております♪

3月17日(木曜日)は 『 a sea a land * 』 OPENです。

この日は久しぶりのお花遊び。。。

ビックリの再会や初めての出会いでドキドキですが、

心地よい、癒される空間を作ってお待ちしてます♪

 :::: 『 リースの会 』 ::::  

    日時:3月17日(木)

    時間:10時~お昼頃

    場所: a sea a land * 自宅アトリエ

    持物:作品を入れる紙袋(直径22センチのリースが入る大きさ)



happy wreath 4gatuniwa ハッピーリース

※火曜or木曜の完全予約制でリース遊び、羊毛遊びを受け付けております。




3月初旬の庭仕事 

昨年から、
やろう、やろう!と思って野放し状態だった小道作り。
ようやく、昨日とりかかりました。
立水栓のアンティーク調レンガの残りが
あまってたので、それを使用しました。
土でとめてるだけなので強度不足が心配です。。。

ミニ菜園も土を耕し石灰を施して。
しばらくすると、体がポカポカ。。。というか、息切れ。。。体力落ちてます。

レンガの小道 小さな畑
昨年の小道はレンガを並べただけ。
春にはグランドカバーのダブルフラワーカモミールがレンガの隙間を覆ってくれます。 
 

待つ犬 まだ、来ない 
庭仕事中にくさりをぶら下げたままの犬が歩いて
その後ろ5メートル程に人が歩いていたので、
てっきり一緒に散歩しているのかと思ったら。。。
後ろを歩いていた人の犬ではなかったみたい。

犬が去ってから10分後飼い主さんが慌てて
『犬見ませんでした?』
『向こうに行っちゃいましたよ』
の答えにワラワラ(慌てて)と、探しに行ってしまいました。

そして、それから5分後、又、犬がテクテク。
飼い主さんと会えなかったみたいで、
とりあえず、標識のポールに繋ぎ止めておきました。
『心配して探してたよ~、飼い主さんが来るまでここで待ってて!』
にちゃ~んと、お利口さんに待ってます。
何を言ってるのか、分かってるようです!

反省 もう、逃げません おねだり
再開のシーンはNZ地震の被災者親子の対面みたい。
犬も人間も変わらないですね。
我が家はペットは飼ってはいないけど、
飼っている人は家族の一員と一緒なんだよな~。
お礼に海苔、頂きました!おむすび沢山握るので良かったわ!




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。