a sea  a land *

海の側の小さな町で大好きな、お花と。。。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

多賀城マルシェ復興祭 

参加か否か迷ってましたが

心の準備が出来ましたのでお知らせです。

『 a sea a land * 』 も↓のマルシェに参加する事にしました。

。。。と言ってもAtelier Poranさんの美味しい♪ブースに

寄せ植えやアレンジをほんの少し。。。

ささやかではありますが、誰かの笑顔を引き出せるようにがんばります。

risuさん♪ よろしくね~♪ 
はな



多賀城復興マルシェ
スポンサーサイト

津波に負けた植物と負けなかった植物 

ブルーのヒヤシンスと黄色い水仙は海沿いで長時間

浸水したにも関わらず、元気に咲いてました。

家々の跡形もない悲惨な場所ですが所々にお花が咲いているのが印象的でした。

この日は僅かな力にしかなれませんが、

瓦礫の中から思い出の品を探すお手伝いをしてきました。

全て失うという無常さは経験しないと解からないと思います。

『 解かってあげよう、解かろう! 』 と言い聞かせても

それでも全然足りないんだろうな。。。

私にできる事は??

がんばろう!七ヶ浜 ショウブタ ヒヤシンス ショウブタ 水仙
↑東京の方々からの温かなメッセージ!



↓の写真は自宅浸水した庭から。。。

カモミールは塩害から乗り越えたようです。

チューリップは日増しに元気がなくなるのが殆ど。。。

でもでも、蕾を発見! 咲くかしら~??

昨年秋にた~くさ~んの球根を植え植えしてたけど、

プランターごとサヨナラしたのもけっこうありトホホです。

ダブルフラワーカモミール だんだん元気が無くなる チューリップがんばれっ!

石灰 バラ バラ新芽
↑土の酸度を中和させ、細菌防止のため石灰を庭中にまきました。






AFTER TUNAMI 2011.3.11 

震源地が南下しているようですが、
関東圏の方々、大丈夫でしょうか?
これ以上、大きな地震が無い事を祈ってます。

震災から1ヶ月が過ぎ、私も昨日自宅へ戻りました。
ただ、まだ水道管があちこちで破損している為か、
下水処理場が機能しない為なのか、
計画断水が行われてます。
前もって知らされてるので、水の準備ができているので
大きなパニックは起こらず、ひたすら辛抱の生活です。
苦労せず、水道の蛇口をひねってきた世代には
今回の不便さは良い勉強になったように思います。

まだまだ、不便な生活をされている方々は沢山います。

1ヶ月間、色々な想いがあったと思います。
辛抱して耐えてきた方々が、耐えた分、幸せになりますように。



(左)流されたブルーベリーと同じ品種発見!連れて帰ってきました。
(中)津波で汚れた板塀を再塗装。
(右)今まであまり役に立たなかったブリキのバケツがトイレで活躍してます!
re*blue berry re*itabei buriki 
(↓)2011.4.13
after 1month


 

3.11巨大地震&大津波からの復活ガーデン 

地震や津波の恐怖心が小さくなって心も安定してきた所に
7日の夜中の宮城県沖の大きな余震。
又、フラッシュバックして心臓がドクドク。
呼吸もハアハアとして子供を守らなきゃ!という一心でした。
塩釜実家に身を寄せてますが、水が2日経っても復旧してません。
場所により電気はOKだけど、水がまだ。。。とか
ライフラインも様々です。
普段どれだけ、水を乱用しているか。。。
恥ずかしいけど、水道から水が出ると
大変だった時のことを忘れてバシャバシャ使っていました。
本当に水、大切にしなきゃなぁ~~。本当に。。。
今度は2度目の水無し生活。
大切に大切に使ってます。
七ヶ浜は固定電話、ネット回線が回復してません。
七ヶ浜の自宅前に倒れている電信柱が原因かしら?
そういえば、庭の傾斜地に3種類位のコードが散乱してしていたなぁ。。。
倒れている電信柱はまだ放置状態だし。。。
通信関係は当分回復しないと思っていた方が良いようです。

さてさて、↓の写真は津波前の植物達。。。泣
今日、内陸にあるホームセンターでいろいろな苗を見て、
『あっ、ミナヅキも流された!』『そういえば、墨田の花火もないぞ!』
『ブッドレアも無い!』 『キッチン脇から見えるクレマもフェンスごと、無い!』
と改めてショック。。。を受けました。
まぁ、まぁ、でもいっかぁ。。。
新しい小さな苗を見ているとワクワク嬉しい気持ちもあったり
移り気な気持ちの変化です。笑
そして、ホームセンターで苗を買ってしまいました。
土作りを終えたら苗を植えていきたいと思います。

そして、自分の弱い気持ちを払拭したいのと、
やっぱり緑を増やしたいという気持ちがどこかにあり、
復活祭のお手伝いが出来たら。。。と考えてます。
お友達の中には既に前を見て歩いてる方が何人かいます。
気持ちの整理ができましたら、
復活祭の詳細をお伝えしますね♪


↓こちらは2010年のガーデン。(´;ω;`)悲。
 元通りになるかな。。。
デンティベス ニューウエーブ 全体像 つるコーネリア

ブッドレア グリーン水無月 アカシア


ラベンダーピノッキオ サザンチャーム ポーリッシュスピリット






M9巨大地震&大津波 爪跡とその後 


ここは、海岸から約300メートルの離れた
高さ約5~6メートル小高い団地。
波は低い方低い方へ押し流され
第一波、第二波、引き潮の渦だったと想像します。
団地内の家々2、3メートルの隙間から予想もしない物が流れてきました。
玄関側の水位は道路に立った状態で1メートル10センチ位。
庭側(海側)は1メートル50センチの水位の跡が見られます。
ご近所さんはこの団地内の一番高い公園へ避難したそうです。
(一番高い公園は更に8メートル位高い?正式に調べてみます。)
地盤が1メートル下がった場合、3メートルの津波だったら。。。
色々なシュミレーションを想定して町作りを進めなければなりませんね。
今回の津波を教訓に新たな被災者を出さない為に
色々な情報を提供していきたいと思います。
(距離、高さは詳細な数値ではありません。
目安となりますので違う場合は報告頂けると嬉しいです。)



津波の力 津波の破壊力 床下の泥水
ベタ基礎に入った水は4センチ位。  ↑
4センチは少ないように感じましたが水抜きは本当に大変でした。
お椀ですくったり、雑巾で湿らせてとったり、風呂水ポンプで取ったり。
根気よく頑張りました。


通学路 小学校通学路 登校帰宅路
↑通学路。
ご両親、先生たちの判断が功を奏して、小学生全員無事でした。
津波に巻き込まれた子供は数名いましたが、運良く難を逃れたそうです。
生かされてる事に感謝!
早めのお迎えの方は学校からこの道を通り避難。
遅めのお迎えの方は子供と一緒に学校待機。
お迎えに行けなかった方は夜9時?頃、水が引いた後子供と対面したそうです。
 


立水洗とエゴの木 コツコツと 

一から作り直し! ネジ集合 4月4日快晴 道路が綺麗に
白いフェンスは電動ドライバーで
支柱から一枚一枚剥がしました。(次男のお仕事)

少しずつですが、沢山の人力で道路の瓦礫は撤去されてきました。
家々を失った方への新しい住まい、
それに関わる多大な費用、そして心のキズは
必ずケアされなければなりません。
国や町からの将来の支援はまだ不透明な状態です。
被災された方も迷われてると思います。
正直どんな言葉をかければいいのか思いつきません。
考えれば考えるほど何も思い浮かばず。。。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。